会場を確保する

二次会二次会をやる会場を早い段階で確保しなければいけません。結婚式の場合は結婚式や披露宴を挙げた施設内の別の部屋に二次会の会場を設けることもできますが、親しい人だけを招待して二次会をやる場合は、結婚式や披露宴を挙げた施設から移動して別の施設で二次会をやる場合もあります。

会場選びも早い段階で決めてしまいたいところなので、本番の4ヶ月から5間月前には二次会をやる会場を確保しておきましょう。二次会が始まる寸前まで会場選びに迷っていると、他の団体に確保されてしまう可能性があるので、そうならないためにも会場選びは準備の順番として早い段階で確保しておくことが重要になってきます。特に混雑するシーズンは二次会の会場でさえも確保するのが難しい場合もあります。

だからこそ早い段階で下見をして人数などを考慮しながら会場を選ぶようにしてください。予算に応じて会場の広さも変わってきます。自分たちの予算でどのくらいの会場を確保することができるのか、そしてその会場には招待するゲストがリラックスして楽しむことができる広さなのかをしっかりと理解しながら会場を確保するために、早い段階から動くようにしてください。そうすることで確実に二次会の会場を手配することができます。

出欠を確認する

二次会に参加してくれるゲストの出欠確認を1ヶ月前から2ヶ月前には全て済ませておかなければいけません。結婚式の二次会に参加する人は結婚式や披露宴に参加した人だけでなく、披露宴に呼べなかった知人や同年代の友達などにも参加してもらうことができるので、そのような状況の中で結婚式や披露宴に参加してくれた人よりも人数が多くなってしまう可能性があるので、早い段階で二次会の参加者の出欠確認をしっかり取るようにしてください。

そうすることでどのくらいの会場を確保すればよいか分かりますし、準備する景品の数も余ることなく決めることができるようになります。結婚式の場合は披露宴の準備が忙しくて二次会のことは後回しになってしまいますが、二次会はよりリラックスして盛り上がることができるからこそ、結婚式や披露宴に参加していない人にも声をかけて二次会に参加してもらうようにしてください。

みんなで楽しめて盛り上がるためにも、早い段階で何人の人が参加するかを明確にして、その人数を元にして様々な準備をしていくようにしてください。そうすることで安心して二次会の準備をすることができますし、万が一のときもすぐに対処することができるようになります。

半年前から準備をする

二次会の準備は早い段階で進めていったほうが良いです。だからこそ多くの人が半年前からどのように二次会をやるのかを考えています。幹事会計担当を決めたり、誰に来てもらうかを決めたり、会場を探して下見をしたりしなければいけません。

そして二次会の2ヶ月前くらいから、招待状を送りながら参加するゲストの出欠の集計をしていきます。ゲストの出欠を確認しながら予算を再確認してゲストの人数に応じて景品やおみやげを購入しなければいけません。

そして本番直前に様々な最終確認をして二次会本番を迎えます。半年前から準備をするとなると早いように感じるかもしれませんが、二次会に参加してもらうゲストに喜んでもらうため、そして盛り上がってもらうためにも、細かい準備がたくさんあるので、3ヶ月前から準備すると遅くなってしまいます。

そのような状況にならないためにも二次会を成功させたいと思ったら早い段階で準備に入るようにしてください。最初の段階でおおよそのスケジュールを決めてしまい、準備のスケジュールを理解しながら、どんな感じで準備を進めていけばよいかを判断するようにしてください。そうすることで失敗することなく二次会の本番を迎えることができます。

二次会の準備の仕方

結婚式などの二次会を盛り上げるためにゲストに喜んでもらえる景品を準備するのが幹事の役目と言っても過言ではありません。ゲストみんなに盛り上がってもらい喜んでくれるように、準備の段階でしっかり予算を考えて、その予算の範囲内で考えて景品を選ぶことで、会場が盛り上がりますし、ゲストも喜んでくれます。

二次会の準備の段階で予算の中で景品を準備しなければいけませんし、その二次会をやる会場も確保しなければいけません。会場も手配して、景品も準備しなければいけないので、早い段階で準備をするためのスケジュールを組んで、そのとおりに行動するようにしてください。そうすることで誰でも安心してスケジュールどおりに二次会の準備をすることができます。

二次会の準備のスケジュールとして、当日までやること、準備するものを事前に考えておかなければいけませんが、そのときにやることリストを作成しておくようにしてください。そうすることで準備をするものを忘れることなく二次会の準備をすることができるようになります。二次会の準備をするのは幹事ですが、みんなで楽しむためにも早い段階で準備していくのがポイントになります。

当サイトでは二次会で重要なアイテムとなる景品の準備の仕方について解説しています。二次会に参加してくれたゲストのみんなが喜んでもらえるように、間違いの無いように、そして二次会に間に合うようにしっかりと準備をするようにしてください。